メインイメージ画像

外見上や使いやすさにおけるコンタクトレンズのメリットについて

メガネでの視力矯正は一般的に行われていますが、それ以上にコンタクトレンズでの矯正のほうが、多くのメリットがあり、人気を集めています。その大きなメリットとしては、メガネに比べて自然に見えるということです。メガネでは目から離れたところにレンズがあるので、レンズの種類によって、大きく見えたり小さく見えたりし、周辺部では歪んで見えることもあります。これにくらべてコンタクトレンズは、目に密着しているので、そういったものの見え方が違ってくるということがないのです。



コンタクトレンズは、スポーツなどの激しい運動をするときにも適しています。これはメガネだとどうしても上下に揺れたりして、気になってしまうことも多いのですが、コンタクトレンズはそういったことがありません。もちろんフレームなども見えることはないので、それだけスポーツに集中できることにもなります。また運動中に何かにぶつかるなどで壊れてしまうという心配も、メガネに比べると殆ど無いので、この点もメリットと言えます。



また最近では風邪予防やPM2.5対策などで、マスクをするケースも多いのですが、メガネだとどうしても曇ってしまって見にくくなることも多いのですが、コンタクトレンズでは曇ることはなく、安心してマスクを着用できるということもメリットの一つです。これはマスクから漏れる息がメガネにあたって目に吹きかけられ、不快な思いをすることがないということにも繋がります。このメリットは、最近のいろいろな外出時の状況を考えると大きなことだと言えます。