メインイメージ画像

老眼は遠近両用のコンタクトレンズでもカバーすることができます

私たちがものを見るときには、無意識に見たいものにピントを合わせています。ピント合わせをしているのが、水晶体です。目に入ってきた光は、角膜と水晶体によって屈折し、眼球の奥にある網膜に像を結びます。水晶体は、見ているものとの距離によって厚さを変え、屈折度を調節しています。このピント調節がうまくできなくなるのが老眼です。老眼が始まる時期は人それぞれですが、多くの人は、40歳を過ぎたくらいから、症状を自覚するようになります。

コンタクトレンズを探すなら、ここがおすすめ♪http://www.measis.jp/



本や新聞を読むなど、近くを見る作業のときに、目が疲れるなどの不快感が出てきます。毛様体筋、つまり水晶体の周りにある筋肉が収縮しても、水晶体が硬くなり始めているため、ピントを合わせるまでに時間がかかるのです。そして、少しずつ近くのものにピントが合わなくなってきます。最初はうす暗い場所で見えにくく、明るい場所なら問題ありません。しかし徐々に、明るくても見えにくくなってきます。生活に合わせて選択する、老眼を矯正する方法はいろいろあります。



最も一般的な老眼矯正の方法は老眼鏡です。つくるときは、眼科で視力を測ってもらいましょう。老眼になる年代は、目の病気も現れやすく、見えにくいのは白内障などのほかの病気が原因である可能性もあります。確認する意味でも、医療機関の受診は不可欠です。

最近は、遠近両用のコンタクトレンズもあり、矯正方法の選択肢が増えています。近視用のコンタクトレンズと同様、ソフトレンズ、ハードレンズがあります。

それぞれの特徴ですが、ソフトレンズは、1日使い捨てと2週間交換の2タイプが代表的です。目の呼吸を妨げない高い酸素透過率と快適な装用感で、目の健康をサポートしてくれます。一方でハードレンズは、レンズ自体に水分を含まないので、菌汚染の可能性が低いのが特徴です。乱視がある程度矯正できるというメリットもあるので、乱視の人に有効です。コンタクトレンズは、できれば老眼鏡はかけたくない、眼鏡が似合わないと思っている、また眼鏡のフレームなどに邪魔をされず、裸眼と同じような視野を確保したいなど、自分の生活のしやすさを優先して、選ぶようにしましょう。