メインイメージ画像

どの職種においても熟練の技術が不可欠です

すぐに利益に繋がる訳ではないのですが、長年の実績で育まれた技術は企業の即戦力になることが確実ですし、様々な職種の中で多いに活かされています。職人技という言葉が示すように常人にはできない五感を駆使して作業の仕上がりの精度を上げるプロの技術には驚嘆させられます。モノづくりの工場で働いている方でしたら、1ミリ単位の違いが分かるようになり長年の勘で重さや不良品など見定める技術も秀でています。



IT社会の現場でも機械設計開発から分析、解析技術、さらに計測技術、回路設計開発に至るまで幅広く技術開発が行われていて、インターネットサービスを運用する際でさえそれらの技術が不可欠となります。資格や免許、そして専門的な知識や実技もいる検定試験をパスするには専門的な知識やスキルも大事ですし、未来志向で考えてこの技術を活用してどういった分野で、どういった仕事がしたいのかという未来の自分自身の姿を考えることも役立ちます。



それを選ぶ軸は人それぞれですが、研究で学習したことを生かしたい、ものづくりに関わりたい、化学の分野で研究を学んできたから化学業界を受けようなど自分の経験や知識を最大限に発揮できる仕事が一番であって様々な職種が入り口を広げて待ってくれています。定年を迎え退職した年配の方でも再就職や特別枠として率先して優遇されますし、その技術はどんなことにも変え難いものであり、新人で入った方に引き継いでもらうためのカリキュラムや実習を取り入れている会社もあります。



始めは、見様見真似で失敗の連続ですが、気がつけば一人前として企業の経営を大きく下支えできるほどの技術を身に付けた時は、指導する先輩方の喜びにもなります。自動車のほか電子部品などの多くはオートフォーメーションの一端となってボタン一つで組み込まれたプログラム通りの機械が主流となっている工場も多くありますが、その元となっているのは、全て人間の手が入ってこそ稼動できるものであり、そこには技術の熟練こそが必要になってきます。

更新情報